『ユーキャン』の保育士資格講座の「メリット」「デメリット」「口コミまとめ」

ユーキャン 教材 保育士通信講座

こんにちは。カプチーノです。

令和元年に、一年で保育士の資格を取りました。

現在、子育てシェアAsMamaで、ママサポーターとしてお子さんを預かる仕事をしています。

AsMamaについて知りたい方は、こちらから公式ホームページに行けます。

今回は、ユーキャンの保育士試験合格指導講座を紹介します。

ユーキャンの保育士講座のホームページはこちら

私は、ユーキャンを受講していないので、実際にユーキャンを利用して資格取得の勉強をしていた友人に協力してもらい、記事を作成しました。

保育士試験の合格者の5.3人に1人はユーキャンの講座受講生です。驚異的な数字ですね。



スポンサードリンク



ユーキャンのメリット

教育訓練給付制度を利用できる。

これは、利用できる人に取っては、使うとお得な制度です。

何かというと、「仕事に必要な資格やスキルを身につけるための費用の一部を、雇用保険から支給される」という嬉しい制度です。

実際に支払った20%の額が、ハローワークから支給されます

どんな方がこの制度を受けられるのか。

・3年以上同じ会社で働いている。

・今まで利用したことがない場合は、一年以上勤務していればOK.

上に当てはまる場合は、この制度を利用できることは大きなメリットになります。

メインテキストとサブテキストがとても分かりやすい。

ユーキャンの教材は、分かりやすく、読みやすいことでよく知られています。

保育士講座の受講者の83%は始めて学ぶ方となっており、初心者にも理解しやすいテキストとなっています。

試験に出そうなところを重点的に覚えられるようになっていて無駄がありません。

なんと、ユーキャン保育講座は30年を超える実績があります。そのために、ノウハウを生かされたこのテキストが良いことは納得できます。

また、とくに評判がいいののは効果が大きい「サブ教材」です。

  • 全問解答、解説付きの「過去問題集」
  • 重要ポイントがつまった「でる保育士」

この二つが、テキストを強力バックアップします。

実際に使った友人は、「教材がとてもよく、大学に通うほどの内容を学ぶことができる。」と話していました。過去問の説明も丁寧で分かりやすい内容だそうです。

インターネットを使った指導サービスが充実している。

友人のオススメは、このインターネットサービスです。

受講生専用のサイト「学びオンライン プラス」がとにかく良い!です。

たくさんのコンテンツがあり、年表がまとめられていたり、しつもんができたり、穴あきの問題ができたり、内容がとても充実しています。

また、webテストでは、選択肢の問題を気軽にクイズ形式でチャレンジできます。

試験が、近づくと、実技対策や特に試験で問われる重要ポイントについて「講義動画」が見られます。

インターネット指導サービスは、家事のや育児、移動時間の合間に学習で着るので、忙しい方には欠かせない学習サービスです。友人も、たくさん利用したと話していました。

質問、指導サービスで、「分からない」を解決できる。

「これはどういう意味だろう?」「ちょっと聞いてみたい」そんな時に、すぐ質問ができると学習がスムーズになります。

ユーキャンでは、メールや郵送で講師に聞くことができます。

疑問を残さず学習できるのは安心ですね。

講師の温かい指導メッセージも人気になっています。

友人も、このメッセージで何度も励まされたと話していました。

法改正などの情報収集への対策をフォローしてくれる。

保育や福祉の法制度は、頻繁に変わります。

それを知らないまま試験に臨むのは、合格からは遠ざかってしまいます。個人で調べるのは手間もかかります。

ユーキャンは、ポイントをまとめて「フォローアップブック」で送ってくれます

試験は、新しい情報がどんどん出てきます。最新情報をすぐに正確に手に入れられることは大きなメリットです。

合格後の仕事探しをサポート

ユーキャンは、求人サイト「仕事オンライン」を開設しており、条件にあった職場を検索できます。

保育士は、4万以上の求人があるため、ライフスタイルに合わせた職場を選ぶことができます。

スポンサードリンク



ユーキャンのデメリット

時事問題のテスト対策が難しい

これは、ほとんどの通信講座に共通して言えることだと思います。

私は、「キャリカレ」 の講座を受けていましたが、「ユーキャン」で講座を受けていた友人と同じ感想を持ちました。そして、このポイントが試験で100点を取ることが難しい点だと言えます。

実際の保育士の試験問題は

テキストに載っていない問題がでてきます。時事問題などでアとエ、どちらが正解が分かりにくい問題です。

テスト攻略ポイントがつかめにくく、答えがあいまいな問題です。

対策としては、過去の問題傾向を何度も解いて傾向をつかむこと。保育事情や、社会問題などを理解しておくこと、ネットで保育の時事問題について調べることで、対応できます。

保育士試験は、100点を取らなくても60点で合格できます。

デメリットとは、書きましたが、ユーキャンの講座にしっかりと取り組み基礎知識を学ぶことで合格ラインを達成することはできます

口コミ(口コミサイトから抜粋)

良い口コミ
  • 法や制度が変更になったら郵便で知らせてくれるのが助かった。
  • 勉強内容を子育てに役立たせることができたので、勉強してよかった。
  • ネットで講義を聞けたり、簡易テストを受けられたりできルコと便利だった
  • 教科書が分かりやすくまとめていて、書店のものより、詳しく書かれている。
  • 2次試験の絵画、ピアノ、読み聞かせにも対応できるようDVDもついていて本番のイメージがしやすく、安心できた。
  • 時間がない人にとっては、過去問題や予想問題集がついていて、とにかくやってみて答え合わせをしながら知識を獲得することができた。
  • 有名な資格講座は全て確認した結果、ユーキャンのテキストは分かりやすく、内容や金額を考えると、一番良いと思う。
残念な口コミ
  • 教科書一冊が終わるまでの時間がかかり、課題が教科一冊につき1回だったので、モチベーションの維持が難しく、途中で諦めてしまった。
  • 一人でやるのは、とても難しく、身につかなかった。うける人がどれだけ頑張れるかだ思った。
  • 自分のペースで勉強時間を作るのが難しかった。最終的には、ユーキャンだけでは合格できず、なんとか他のウェブ教材と合わせて合格した。
  • 栄養学や心理学など、暗記系の科目はユーキャンで足りるが、時事問題などはユーキャンだけでは厳しいと感じた。基礎的なものが何もないなら、まずは、ユーキャンで勉強もいいと思う。
  • ユーキャンのテキストには全く載っていない知識を問われる問題がでた。

こんな人には「ユーキャン 保育士試験合格指導講座」がオススメ

  • 教育訓練給付制度が利用できる人
  • 充実したテキストや副教材が欲しい人
  • インターネットを使って隙間時間で効率よく学習したい人
  • 法改正などの情報収集を追加資料として送付して欲しい人
  • 合格後の仕事探しをサポートして欲しい人。



気になった方は、とりあえず、いくつかの通信講座の資料請求をしてみることをおすすめします。

内容や、価格のことなど、よく分かります。資料請求をすると、詳しい受講が書かれたパンフレットが送られてきます。他の通信講座と比べて自分に合う講座を選ぶことが大切です。

ユーキャンは、トータルで質と価格のコスパがよく、おすすめできる通信講座です。

ユーキャンの保育士講座の公式ホームページはこちら



コメント

タイトルとURLをコピーしました