フリーのベビーシッターをするならマッチングサービスを使おう。「キッズライン」か「キズナシッター」どちらに登録するべきか。

楽しいベビーシッターのお仕事

フリーのベビーシッターをしたいのだけど、どこのマッチングサイトがいいかな?

という悩みを持っていませんか?

私がおすすめするベビーシッターのマッチングサービスは、この2つです。

・キッズライン(KIDS LINE)

・キズナシッター(KIDSNA)

どちらがいいかな?と迷ったとき、おすすめは、

保育士の免許を持っている方は、キズナシッターに登録する

保育士の免許を持っていない場合は、キッズラインで登録する

以下、解説していきます。

キッズライン

キッズラインの特徴は、この3つです。

・選べる

全国47都道府県、キッズラインには、4000人以上のシッターの登録者数がいます。自分に合うシッターさんを選ぶことができます。預けたい登録者が多いのもキズナラインの強みです。

・やすい

入会金・登録料は0円。1時間1,000円(手数料別)〜で利用することができます。定価価格なので、気軽にベビーシッターを利用することができます。

・24時間、当日でもスマホで呼べる

アプリやスマートフォンでかんたんに予約が可能です。今日や明日の急な利用にも対応しています。

当日の朝にシッターさんを探せるというのは、大きな特徴です。

シッターにとってのメリット

・依頼数が多い

キッズラインは、知らない方はいないのでは?と思うほど、よく知られています。

つまり、マッチングする割合が高まるので、依頼を受けやすいです

・保育士などの免許がなくてもベビーシッターをすることができます。

当日依頼を受けることができることもメリットです。

・家事代行を受けることもできる

キッズラインには、ベビーシッターだけではなく、家事代行の仕事を受けることができます。家事とベビーシッター、両方受けることができます。

シッターにとってデメリット

・安い時給

時給は、多くの場合1000〜1300円に設定をする方が多いです。

保育士資格を生かして働く場合は、少し高めの1300〜2500円と幅が広いですが、1300円前後が多いです。

他のベビーシッターサービスと比べても、安いのがデメリットです。

しかし、経験回数を重ねてながら、時給をあげていくことができるので、自分で調整していくことができます。

キッズライン公式ホームページ

キズナシッター

キズナシッターの特徴は、この3つです。

・資格保持者のみの登録

登録ベビーシッターは、全員が保育士資格、幼稚園教諭免許、もしくは看護師免許を持つ国家資格保持者です。

・入会費、年会費、0円

入会費・年会費は一切無料。ベビーシッターの価格は、1時間1,600円〜(サービス手数料20%税別)。初期登録料がかかるサービスと比べて、利用した分だけの値段のお支払いなので無駄がありません。

・安心、安全

全てのシッターに、面談、審査を行っています。信頼できるシッターのみを紹介します。

シッターにとってのメリット

資格による信頼を得ることができる

キズナシッターは、保育士資格、幼稚園教諭免許、看護師免許の国家資格持っている人だけが、登録することができます。

なので、保護者の方から、安心して依頼してもらえることができます。

・高い給与

1600円から設定ができるので、高い時給で働くことができます。

シッターにとってのデメリット

・当日に依頼を受けることができない

依頼を受けられるのは、前日の23:59までです。なので、当日に、親御さんから依頼を受けることができません。

キズナシッター公式ページ

オンラインマッチングを利用してフリーのベビーシッターとして、自由に働こう。

おすすめのオンラインマッチングサイトは、キッズラインと、キズナシッターです。

それぞれのメリット、デメリットを理解して、自分に合うサイトでベビーシッターデビューをしよう。

私は、キズナシッターで、ベビーシッター登録をして働いています。保育士の資格をよりいかせると考えたからです。時給が大きく変わります。

保育士、看護師などの国家資格を持っている方は、まずは、キズナシッターで登録してみてはいかがでしょうか。

キズナシッター公式ホームページ

写真参考 キッズライン、キズナシッター

コメント

タイトルとURLをコピーしました