[体験談]保育士二次試験 音楽(ピアノ)本番の様子。対策は何をしたらいい?

保育士の試験

こんにちは!カプチーノです。

保育士の二次試験の「音楽表現」ってどういう内容なのかな。本番の様子を知りたいな。対策方法はどうしたらいいかな。

という、問いにこたえていきます。

令和元年10月に保育士資格 二次試験を受けました。

実技試験は、

  • 音楽表現
  • 造形表現
  • 言語表現

のうちから選びます。

私は、そのうち 音楽表現と、言語表現を選びました。

今回は、そのうちの音楽表現について

私が行った対策当日の様子を書いていきますね。



スポンサードリンク



試験当日までに行った対策

対策のポイントは、「楽譜」と、「練習」です。

課題は、「バスごっこ」と、「どんぐりころころ」でした。

さて、楽譜を手に入れないといけません。

私は、ピアノは、少し弾けるものの、正直得意ではありません。ギターや、アコーディオンも選べるようですが、それらの技術はゼロなので、ピアノで挑むことにしました。

合格するために大切なことは、難しい楽譜を弾けることではなくて、子供たちと一緒に歌えるように演奏することです。そのために、自分に合うレベルの楽譜を選ぶことが必要です

私は、このサイトから、楽譜を購入しました。

ヤマハ「プリント楽譜」

300円くらいで一曲分買えます。

本を買うと、1500円くらいかかるので、一曲だけ購入できるのは、とても便利です。

楽天でも安く購入できます。↓

そして、それを歌いながら弾けるように毎日練習しました。

私は、演奏が止まらないように、左手は、どんどん簡単な楽譜に変えていきました。

ピアノが得意な人でも歌うことと、弾くことを同時に行うことは、結構難しいです。

簡単な楽譜にしておくことを、おすすめします。

スポンサードリンク



当日の様子

試験会場は大学でした。

名前を呼ばれるまで、控室で待ちます。

呼ばれると、案内係の人がピアノのある部屋の前まで連れて行ってくれました。

3人椅子に座っていて、その隣に座りました。

受験票を確認してもらいます。

椅子に座って待つ間も、試験会場の音は聞こえてきます。

途中で止まってしまう音や、とても上手に演奏する音

全部聞こえます。。。

それを聞いているだけで、緊張してきます。。ドキドキ

名前を呼ばれて中に入ります。

試験監督の方に、受験票を確認してもらいます。「○○です。よろしくお願いします。」

と言って、ピアノの椅子に座ります。

途中ちょっと間違えたけれど、止まらずに演奏することができました。

とりあえず、止まらなかったから、、、多分大丈夫だろう。

と、帰りました。

結果は、合格。ほっとしました。。。

点数は、、、35点(50点満点中)

(読み聞かせが35点だったので、合計70点 合格ラインは60%の60点です)

どんなに練習していても、本番は、とても緊張しました。

なので、対策は、もう、練習するだけですね。

そして、緊張する本番を迎えても合格ラインを超えられるようにしておく。それだけですね。

あとは、元気よく、子供たちと一緒に歌うイメージをすることです。演奏が止まっちゃったら子供たちは、歌を歌えませんよね。止まらないことが大事です。

まとめ

自分に合う楽譜(得意でない場合はできるだけ簡単なものにする)を選ぶ

本番は、緊張して、練習通りいかないもの。歌いながら弾くことに慣れるため、練習あるのみ(毎日最低1回は練習しましょう。)

本番では、間違えても、止まらずに演奏しきること。



タイトルとURLをコピーしました